日経ドカン 2ch評判

【独自特典付き】日経ドカンを使えば株で勝てるようになるのか?その疑問に答えていきます。

日経ドカンの検証をしているブログに興味を持っていただいてありがとうございます!


このブログでは、今までに数十種類・総額100万円以上は投資商材を実際に入手して検証したきた経験をもとに、日経ドカンもガチで検証をしていった結果をまとめています。

fxsyouzai



様々な視点から評価を行っていますので、ぜひ購入前の最終確認として活用してもらえればと思っています。


ちなみに、記事の最後では他のブログでは入手できない独自特典も紹介しているので、最後までお付き合いいただけると嬉しく思います。


■日経ドカン評価

そもそも、日経ドカンのように毎日の売買銘柄を教えてくれる「シグナル配信サービス」というのは、インターネットが普及するずっと以前から存在していました。
昔はどうやら、電話で指示をしていたみたいですね。



今ではメール・LINEといった便利なコミュニケーションツールが出てきたので、売買指示を効率よく受け取れるようになっているものの、


中には、ひどい内容が送られて来る配信サービスがあるのも事実です。


日経ドカンでは、注文執行のタイミングは売買前日にも当日にも教えてくれます。売買する銘柄・株価もきちっと指定されています。

けれども、ほかのサービスを見ていくと、「この銘柄を買いましょう」というだけで、いつ、いくらで買ってよいのかわからないものがあったり、
さらにひどい場合には「この銘柄上がるでしょう。」とあいまいさを残したサービスまであるくらいです。




日経ドカンではその点、売買に関してはしっかりと「○○を売りましょう、買いましょう」とはっきりと指示が書いてあります。

価格も指定されていますから、注文を入れる際に迷う隙間は1ミリだってありません。




逆に、株式投資にある程度慣れている人にとっては、日経ドカンの売買指示に対して、自分の思惑を加えたくなるものですが、そういった裁量判断は絶対にしないようにしてくださいね。

「あともう少し下がってから買おう」とか「もう少し粘ればもっと利が伸びそうだから決済をまとう。」みたいなことはしないほうが良いです。



あなたがやりたいことは、一時的な損益を改善することではなくて、長期的に安定して利益を出すことじゃないかと思います。

下手に裁量判断を加えてしまった結果、売買チャンスを逃してしまったり、含み益を大きく逃すリスクの方が高いので、くれぐれも配信サービス通りに淡々と売買するようにしましょう。




ただ、どうしても自分の判断を加えたいという場合。日経ドカンの用の資金・証券会社の口座とは別の資金・別の口座を用意して、完全に別運用で試してみましょう。

成績がごちゃごちゃになって収集がつかなくなることだけは絶対に避けたほうが良いですよ。




日経ドカンは機械的に運用することができるわけですから、ぶっちゃけ、投資信託の様に資産を預かって、向こうで売買してくれたほうが楽なんじゃないか?という気がしますよね。

売買結果だけ教えてもらう方が、もっと手軽に資産運用ができてしまうわけですが、「自分の口座で自分の手で売買ができる」というのは、意外と大きなメリットだったりしますよ。




一般的にファンドに運用を代行してもらったり、投資信託をする場合には、短くて半年、長いと2年とか10年くらいは資金を自分の自由に動かすことができなくなります。

途中でどうしてもお金が必要になって引き出さなければいけなくなった場合、違約金みたいなものを取られてしまい、それまで得た利益を大きく削られることになります。



自分の口座で運用をしていれば、その点、資金の出し入れは自由です。成績が良いときや、資金にさらに余裕が出てきた場合には、売買量を増やして月利をアップさせる、といった手を加えることも可能です。

柔軟に資産運用できるのは、侮れないメリットの一つです。日経ドカンで設けた利益を他の金融商品に投資をして、リスクヘッジをとるといった運用方法もできますよ。




最後に、このブログ限定の特典について紹介をします。





他のブログでは入手できない限定特典付きで日経ドカンの14日無料お試しに申し込みをするにはこちら









日経ドカンの実際の売買利益を販売ーページで確認することができるんですが、株式のシグナル配信では割と勝ったり負けたりを繰り返していることがわかります。
勝率で考えるとだいたい7わりくらいになっています。10回トレードをしたら3回は負けるわけですから、感覚的には勝ち負けを交互に繰り返すような感じになるはずです。

タダ注目すべきは、負けトレードになってしまった場合の損失幅です。1%台に収まっているケースもあり、損失幅は非常に限定されていることがよくわかります。
シグナル配信の中には、勝率は高いものの、1回の負けトレードでガツンと利益を飛ばしてしまうものもあるんですが、これって、精神的に結構きついものがあります。

日経ドカンならその点、連敗することは極めてまれだし、1回の負けトレードの損失はだいたい次のトレードで取り返してくれる安心感がありますよ。

↑このページのトップヘ